爆乳えろえろ無知姪っ娘に甘やかされてハメ狂った話~2話ネタバレ

爆乳えろえろ無知姪っ娘5
第2話 「いっぱいびゅーって出た!」姪マ○コに生出ししてお掃除ペロペロまでしてもらい

踏みとどまるべきか…
誰にも言えない童貞卒業。
「やってみようよ」
迷った挙句、俺は姪っ子で童貞を卒業することに決める。
挿入する先端にはおま○こが吸い付く。
痛がる姪っ子に謝りながらゆっくりと挿れていった。
おま○こはギチギチに狭く無理に挿れたら壊れるんじゃないかと思うほどだ。
辛そうな顔をしている姪っ子にキスをしてみたら徐々に身体の力が抜けてくる。
「全部…入ったよ…!」
「あぅっ!あッ!あっ…」
初めて挿れたおま○この中はぬるぬるで熱かった。
ギュウギュウと締め付けられて気持ちがいい。
俺の腰の動きが止まらない。
ーおち○ちんが入ると声が勝手に出ちゃう!ー
姪っ子の激しい喘ぎ声が響き渡る。
姪っ子はお腹の下の方が熱くなってきているのを感じていた。
「熱いッ…上がって…くるうぅ…」
「イくッ…でるうッ…!!」
ドクドクと流し込まれる感覚を、姪っ子はよくわかっていない。
おち○ちんを抜いた後のおま○こはまだジンジンしている。
しかし、射○したばかりなのにまだいっぱい精○が出そうだ。
「また刺激したら…お兄ちゃん気持ちよくなる?」
「たくさん白いの出して気持ちよくなっちゃうよ」
すると姪っ子は突然勃○したおち○ちんをペロペロと舐め始めた。
姪っ子にフ○ラされてると思うと興奮してくる。
このままぶっかけてしまいそうになり
「でる…イクイク…」
姪っ子の口の中に白いのいっぱい出して…
俺の精○を飲む姪っ子がエロすぎて…